いけだガイド > 池田で暮らす人の声 > 池田で起業し子育てする秋元さん

池田で暮らす人の声

池田で起業し子育てする秋元さん

 大阪で大手企業に勤めていた秋元郷佑さん。秋田出身の秋元さんは田舎が人口減少でなくなっていくのは寂しい、自分も何とかしたいという気持ちを抱えていました。また、子どもが生まれ、田舎で子育てしたいという気持ちもありました。

池田に来たきっかけは?

 妻の美奈さんが山の中の遊び場づくりがコンセプトの日本最大級のジップラインのある森のテーマパーク(ツリーピクニックアドベンチャーいけだ)立ち上げスタッフの求人を見つけ、郷佑さんに伝えました。他の自治体が出している求人とは違う求人内容に興味を覚え、どんな所か一度見てみるために家族で池田町を訪ねてみました。板垣坂を越えて来たので、山奥にあるなぁと感じました。でも悪い印象は全然ありませんでした。また、美奈さんの実家にも比較的近く、池田に行こうと決めたのでした。

お仕事は?

 地域おこし協力隊の森のテーマパーク立ち上げスタッフなどとして3年間役場で働きました。その後、起業して株式会社DANNEを設立し、廃校となった小学校分校を改修した池田町地域産業等支援施設「わくラボ」で子連れでゆっくりできて地元の食材を使ったカフェとコワーキングスペースのラウンジ「ワッカ」を運営し、防災や建築などのコンサルタントもしています。
 また、仕事ではないですが、池田町のちっちゃな幸せ実現事業+の補助を受けて、自然を利用した遊びを通して、池田町はとても楽しい町だと思ってもらえるように、また、子育て世帯の子育ての負担軽減に寄与できるように、さとやま子育てサロン「いけだの空」を月3~4回程度開催しています。
 福井県の「クラウドファンディング型ふるさと納税」の対象事業として認定され、2019年10月に目標額に達成したプロジェクト「池田町に外国人が訪れる環境を!ガイドツアーサイトを作りたい!」 にこれから取り組むところです。北陸新幹線も福井県まで来ますし、金沢から足を伸ばす人や混んでいる京都から足を伸ばす人が増えると思います。

TPA

ツリーピクニックアドベンチャーいけだ

ラウンジ

ワッカ

ブルーベリーに水やりする赤坂ファミリー

いけだの空

池田での暮らしは?

 田舎で生計が成り立つ暮らしをしたいと思っていて、そんな暮らしができると見せられれば田舎に行こうと思っている人の後押しになるとも思っています。そんな暮らしに現在チャレンジ中です!起業しているので生計は不安は不安ですし、人口減少で子どもの数も減っていて高校もない池田町での子育ても不安は不安ですが、そんな池田町の課題に取り組む仕事をしているので、とにかくチャレンジです。
 雪かきや草刈りは慣れていなかったので大変でしたが、子どもたちが暮らしを楽しんでいて、満天の星空や青い空や月明かりなど景色が素敵で、こういう環境で暮らせるのは嬉しいです。池田町は30分で隣の福井市や鯖江市や越前市に行けるので、買い物なども簡単に行けるので、不便とは思いません。そんな近い距離にありながら、峠を越えて池田町に入ると景色や空気が違いますし、池田町に帰ってきたという安心感を感じられます。ご近所さんからのお裾分けもありがたいです。
 池田町でも高齢化等で交通弱者が増える中、自動運転や民間の自家用有償旅客運送など地方の過疎高齢化の課題に取り組む仕組みや制度を実験できるようになるといいですね。

 秋元さん 秋元さん一家

これから移住やUターンを考えている人にひと言!

 短期間でも良いのでとにかく一度訪ねてみないとはじまりません。池田町は小さな山奥の町ですが、いろいろな人がいます!そして、いろいろな興味が広がる町です。

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。