いけだガイド > 池田に移住してはいけない10の理由

トップカテゴリ

池田に移住してはいけない10の理由

池田町に住んだら本当に大変なことを、包み隠さず、素直に白状します。

これでもあなたは住みますか?

それでもここに住んでいる人がいるということは、これ以上の魅力が隠されているのです!

隠された魅力は、この10の理由の一番下のリンク先から見つけてください!

池田町に住んではいけない「10の理由」

1 買い物はやっぱり不便です!

池田町内、買い物ができるお店は少ししかありません。

しかも、価格はほぼ定価です。

福井といえば、魚介がおいしいところですが、残念ながら、池田町は海から遠く、新鮮な魚に巡り合うことはなかなか難しいです。

もちろん、コンビニもありません。

2 外食も難しい!

地元にも素敵な外食のお店はあります。が、都会のようにたくさんではありません。

フラっとランチに・・・となると片手で数えるほど、夜ごはんとなるとほぼ「要予約」です。

お酒を飲むと、タクシーを使うしかなく、経費がかさみます。

3 やっぱり雪深い!

雪深い
(雪深いです。)

例年、12月初めから雪が降り始めます。多いときは、1メートルから2メートルほど積もることも。

雪が降った日は、早朝の家の前の雪かきエクササイズは必須です。

しかも、年に1、2回の屋根の雪下ろしという仕事も待っています。

さらに、雪が降る前は、車のタイヤを冬用に替え、家や庭木の雪囲いをし、春はタイヤ交換と雪囲いを外すという仕事があります。

4 総合病院はありません!

池田町内には、診療所が2か所と歯科医院が1か所ありますが、手術や入院ができる大きな病院はありません。

困ったときは、とりあえず診療所です。

5 学校の児童・生徒数が少なすぎる!

こども園(保育園)も小学校も中学校も町内に1つずつ。もちろん、一学年一クラスずつで、同級生は20人を切る状況。

学年関係なくみんなで助け合って、とっても仲良し。

でも、残念ながら、競争社会の荒波に打ち勝てる環境ではないかもしれません。

しかも、中学卒業後は、高校や大学はもちろん町外や県外へ行くことになり、交通費や下宿代がかさみます。

6 野生動物が多すぎる!

サル
(柿を採りに来たサル)

クマが出た、サルが出た…なぜそんなことがニュースになるのかわからないくらい、池田町ではふつうのことです。

イノシシ、タヌキ、キツネ、イタチ、ウサギ、シカ(時にはニホンカモシカ)、ハクビシン、カメ…ふつうのことです。

イノシシが相手の交通事故は、示談もできず、泣き寝入りです。

7 虫も多すぎる!

トンボ
(トンボ)

動物もたくさんいますが、昆虫もたくさんいます。

カブトムシやクワガタ、チョウチョのような子どもが喜ぶ虫もたくさんいますが、刺されたらかゆくなる虫、さわると臭い虫、毒のある虫、大きすぎるアリもたくさんいます。秋はトンボの大群がいます。虫博士になれそうです。

ちなみに、池田町ではゴキブリをあまり見かけません。それは誇れる点です。

8 田舎文化が濃密すぎる!

神社の行事
(集落の神社の行事)

集落の共同活動に地区の神社の管理、それに冠婚葬祭も、昔ながらのおつきあいや伝統が今もなおしっかり残っています。

それに、同じ集落の人なら、どこの家にだれがいるのか、年齢や健康状態まで把握しているくらいの濃密さ。

ちょっと顔がわからない人が来たら…、新しいことをやり始めたら…、それはもう事件です!どんなSNSより早く広まります。

でも、目立ちたがりにはこんな素敵なところはないかもしれません。

9 スローライフなんて大嘘だ!

地域の活動
(地域の行事)

「池田町はのんびりとした空気があっていいですね~」

…よく言われます。

それは空気だけです。

実際は、みんな都会の人と同じように仕事を持っていますし、子育てもしています。

それに加えて、都会より地域の活動が濃密で、子どもがいたらPTA活動やスポーツ少年団活動があるし、冬は雪の始末があるし…、気が付くと休日なのに家に居なかったな…ということが多いくらいです。

10 お友達ができる?かな?

池田町も、移住してきた方が少しずつ増えてきました。

でも、池田町の行政施策の失敗で、まだまだ少ない状況です。

そのため移住者だけのコミュニティというのはまだありません。

移住者に慣れていない恥ずかしがりの地元の人と、積極的につながってください。

まぁ、新しい顔はどんなSNSよりも早く浸透する池田町ですから、心配いらないかもしれませんが…

こんなにも大変なのに住みたくなる隠れた理由は?!

池田町に住むとしあわせな理由

本当にブータンの人も来ました
(本当にブータンの人も来ました)

日本のブータンと言われる福井県の中で、福井県のブータンと言われる池田町。

池田町に住むべき、住みたくなるしあわせな理由をお教えします。

五感を育てる池田の子育て

自然の中で子育て
(自然の中で子育て)

「自然の中でのびのびと子どもを育てたい!」という声はよくお聞きします。

実際どんな感じなのか、想像を膨らませてお読みください。

池田町独自の支援制度などもご紹介しています。

エコライフの実現

使い捨ての時代から、ロングライフの時代へ。

環境保護、エコエネルギーへの関心は高まる一方です。

池田町は、いち早く「環境大臣賞」をもらうような取組をず~っと行っています。

そんな池田町の取り組みをご紹介しています。

半農半Xみたいな暮らしのリアル

畑から野菜を採ってきて、すぐに食べるなんていう贅沢な暮らしや、直販所で野菜を売る楽しみにあこがれる方もいますよね。

農がある暮らしにあこがれて池田に住むことにしたTくん(実在する人物)は、サラリーマンをしながら農のある暮らしを実現しています。

そんなTくんのリアルな話をご紹介します。

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。