龍双ヶ滝・オウ穴

最終更新日 2016年3月20日

ページID 004016

印刷

龍双ヶ滝(りゅうそうがたき)

滝
龍双ヶ滝
滝2
秋の紅葉
池田町の大本集落からさらに2キロメートル上流にいくと現れる"日本の滝100選"に選ばれた龍双ヶ滝。
高さ60メートルの岩肌を勢いよく水が流れ落ち、水滴の一粒ひと粒がはっきりと見える美しい滝です。
足羽川・九頭竜川をへて日本海に注ぐこの1粒をみると、何か自然の大きな力を感じます。
春は新緑が美しく、夏は避暑地として、そして紅葉が美しい秋口のころは、桂の木のふわっとした香りに包まれながら眺められる龍双ヶ滝は、見る人をどこかに連れて行ってくれるようです。
階段があるので、滝のすぐそばまで降りることができます。

道路・駐車場

龍双ヶ滝の下流100m地点に駐車場があります。

  • 雪が降ると通行止めになります。(例年11月下旬もしくは12月から3月いっぱい)
  • 福井県大野市方面からも来ることができます。(こちらも冬季通行止め)

オウ穴(おうけつ)

穴


 

大きな岩の上を流れる水が、水流に含まれる石や砂で削られてできた「丸い穴」の連続する地形。
龍双ヶ滝から500メートルほど下流で見られます。(池田町大本集落から龍双ヶ滝への途中にあります。)
渦を巻きながら下っていく水の流れは、なぜか心地よく、ずっと見入ってしまいます。

地図

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。