堀口家住宅(国指定重要文化財)

最終更新日 2016年3月20日

ページID 004043

印刷

堀口家住宅

堀口1
堀口家 外観
堀口2
堀口家 内部
「堀口家住宅」は江戸時代初期に建てられた民家を昭和47年に解体、復元したもので、国の重要文化財に指定されています。
堀口家は、須波阿須疑(すわあずき)神社に仕える12軒衆の中の1軒で有力な家柄といわれています。
入母屋(いりもや)造りの家は、茶色い土壁にかやぶきの屋根を持つ外観で、中に入ると土間はひんやりとして、囲炉裏も残っています。天井には雪国らしいがっちりした屋根組みも見ることができ、いにしえの暮らしの息遣いを感じる空間です。
 

住所

福井県池田町稲荷32-17

見学

自由

お問合せ

電話番号 0778-44-8006(池田町役場教育委員会)

地図

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。